読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南京大虐殺とはどういう事件だったか

1937年 南京事件 南京攻防戦

1937年12月13日、侵攻してきた日本軍の攻撃により中華民国の首都・南京が陥落した。
南京防衛軍は崩壊し一部の部隊が日本軍の包囲網を破っての撤退に成功したが、多くは壊滅した。
南京の中国軍防衛線は南京城の城壁を最終的な防衛ラインとし、それを城外の丘陵地に築いた陣地で防御する複郭構造となっている。南京陥落間際になると外郭陣地では部隊が孤立したり、士気が崩壊したりし、防御していた部隊が南京城に向けて後退したり、兵士が四散して逃れたり、あるいは白旗を掲げて日本軍に降伏したりしている。

f:id:MARC73:20170123235441j:plain

http://www.baike.com/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E4%BF%9D%E5%8D%AB%E6%88%98

中国側外郭陣地の崩壊に乗じて、南京城に攻め込もうとする日本軍は、降伏してきた多くの中国軍兵士の処遇に困り、その場で射殺・刺殺したり、一時的に拘留した後にまとめて集団処刑したりしている。
幕府山の虐殺や馬群の虐殺、百人斬りなどはこのようにして起こっている。

京城方面に後退して逃れようとした中国兵は、下関で追い詰められ抵抗できないまま追撃してきた日本軍により殲滅されている。この時、白旗を掲げて降伏した中国兵もその場で殺害されている。冬の長江に飛び込んで対岸に逃れようとした中国兵は、岸壁からの日本軍の射撃や遡航してきた駆逐艦上からの射撃でそのまま殺害された。
南京西方に逃れようとする中国兵と民衆も回り込んできた日本軍によりまとめて殺害されている。

南京が陥落し下関を封鎖された後、南京城内には安全区に避難していた難民や安全区以外にいた民衆、逃げそこなった中国敗残兵が残っていた。陥落直後に行った日本軍による城内掃蕩で敗残兵狩りが行われ、青年・壮年男性が多数摘発され、下関の岸壁や城壁附近などで次々と殺害された。幕府山事件のように城外で捕虜にし収容していた中国兵を江岸でまとめて処刑されたのもこの頃である。
また、この時期、戦勝気分の日本兵は南京城内の建物から金目のものを略奪したり、隠れている中国人女性を拉致・強姦したりといった暴行を繰り返した。多くの難民が避難していた安全区も女性を拉致するターゲットとなり、度々日本兵による侵入・暴行・拉致・強姦が起きている。安全区は外国人が管理していたため、この種の暴行行為は多くが記録されている。
捕虜の殺害は南京陥落初期に起きているが、敗残兵狩りや略奪・暴行・強姦はその後も頻発し陥落から6週間程度も続いた。



参考資料:南京事件 初歩の初歩

アパホテル元谷の主張に対する批判

元谷は次のように書いている。

 上海事変で勝利した日本軍は、敗走する国民党政府軍を追撃し、国民党政府の首都であった南京を攻略し、同年十二月十三日に南京占領。このとき敗残兵が住民に対して略奪、虐殺を行なった。それらの敗残兵が民間人の衣服を奪って便衣兵(ゲリラ)となったことから、日本軍は便衣兵の掃討作戦を行った。便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められているものであり、一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)であった。しかし、こうした事実が歪められて、情報謀略戦として、「南京三十万人虐殺説」が流布されたのである。そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない。一方、通州事件や大山大尉惨殺事件、第二次上海事件などでの日本人に対する残虐行為には、日本軍を挑発し、国民党政府軍との戦争に引きずり込むというコミンテルンの明確な意図があったのである。

https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325

日本軍に追われた敗残兵が民間人に紛れ込んだのは事実であるが、これが南京大虐殺の主体ではない。また、民間人の服に着替えて逃亡することと便衣兵とは異なる。便衣兵とは、敵を攻撃する際に民間人に偽装して行動する兵士のことで、軍服を脱いで逃亡することとは明確に違う。「一九夏山東作戦」や「二○春山東作戦」の時の日本軍のように中国の民間人や八軍に偽装して作戦行動を行ったような事例こそ便衣兵と呼ぶに値する*1

便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められている」というのも誤りだ。戦闘中での殺害ならともかく捕獲して後の殺害は虐殺に他ならない。国際法はせいぜい捕虜として扱わなくても良いという程度で、捕獲後に殺害することが正当化されているわけではない。
「一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)であった」については証拠がない。敗走する中国兵を別の中国軍部隊が制止しようとして同士討ちになった事例はあるが、その規模は南京大虐殺の主体とはいえない程度であるし、どの史実派の研究書にも載ってるほどのよく知られた事実である。一方で「一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達」というのは歴史修正主義者らがろくな根拠もなく主張しているだけである。せいぜいが敗走時の混乱であり、占領後に繰り返し中国人を摘発し殺害した日本軍の行為と比較できるものではない。

「そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない」という主張は戦史をちゃんと学んだとは思えないくらいずさんである。
食料がない、戦闘行動の邪魔、治安確保といった動機から、捕虜の殺害や敗残兵の摘発殺害が行われた。日本軍としては虐殺を行う明確な理由があった。
略奪・暴行・強姦は個々の兵士らの不法行為であるが、将校らも特に止めなかったし、逆に将校らが率先した例もあり、占領地における略奪・暴行・強姦が取り締まられるべき不法行為だという認識が日本軍全体として希薄だったと言う他ない。