読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南口戦役における中国軍作戦兵力及び損失

1937年 南口鎮・居庸関

南口戦役における1937年8月8日から26日までの中国軍の参加兵力及び損失は以下の通り。

部隊番号 兵力 備考
第13軍(第4師、第89師) 28000 1935年度調整師
第17軍(第21師、第84師) 14000 編成装備不統一
第94師   5000-6000 第13軍に協力
第72師   6000 傳作義麾下
独立第7旅 4000 傳作義麾下
山砲兵第27団 2000以下 懐来城攻防で参戦
部隊 士官負傷 士官戦死 兵卒負傷 兵卒戦死
第4師(王万齢)    85 47 3822 2599
第89師(王仲廉)    102 34 4034 1914
第21師(李仙洲)    74 24 1595 584
第72師(陳長捷)    36 23 418 441
第94師(朱懐冰)    36 11 318 166
第84師(高桂滋)    - - - -
独立第7旅(馬延寧)  85 6 163 96
山砲兵第27団 - - - -
合計     348 145 10350 5800

*1

第13軍軍長は湯恩伯(第7集団軍前敵総指揮の兼務)で中央軍、8月8日、日本軍と始めて交戦した中央軍である。
第17軍軍長は高桂滋。

南口戦役の際、第29軍麾下だった第143師は第27旅と共に第68軍を構成し、察哈爾保安隊と張家口の防衛にあたっていた。
また、傳作義麾下の第35軍、趙承綬騎兵第1軍は、機動部隊として集寧、興和地区に集結していた。


参照:張家口戦役・南口戦役 - 15年戦争史

*1:第84師、山砲兵第27団については資料欠損