読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訒龍光の略歴

略歴

訒龍光(1896-1979)字は剣泉。広東茂名の出身。広東黄埔陸軍小学第6期、武昌陸軍第二予備学校、保定陸軍軍官学校第6期歩科卒業。1923年粵軍(「粵」は広東省の別名)第3師第6旅第11団に中校・副団長として配属。その後、上校・団長、国民革命軍第四軍教導第1師副師長、師長、第12師師長、第一集団軍艦隊司令、独立第4師師長、第9師師長を歴任。
1936年1月陸軍中将に昇進、第四軍副軍長兼第156師師長に就任。抗日戦争時は、第83軍軍長、第29軍団副軍団長、第三十五集団軍総司令を歴任。
1945年後半、陸軍第二方面軍副司令長官、広州行営副主任、広州綏靖公署副主任、総統府戦略顧問に就任。1979年2月3日、台北栄民総医院で逝去。「第四軍紀実」に編著に参加。

参考:訒龍光