読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1938年10月31日に編成下令された独立歩兵大隊

1938年 日本軍

独立歩兵第1〜20大隊が編成された1938年2月から8か月後の10月に番号を飛ばした独立歩兵第101〜108大隊が編成されている。

部隊名 管理
独立歩兵第101大隊 支那派遣軍
独立歩兵第102大隊 支那派遣軍
独立歩兵第103大隊 支那派遣軍
独立歩兵第104大隊 支那派遣軍
独立歩兵第105大隊 支那派遣軍
独立歩兵第106大隊 支那方面軍
独立歩兵第107大隊 支那方面軍
独立歩兵第108大隊 第一軍

連番に戻って独立歩兵第21〜65大隊が編成されるのは1939年1月*1

独立歩兵第106〜108大隊は1939年1月19日に復員下令されている。

1940年

独立歩兵第101大隊は1940年11月30日に編成下令された独立歩兵第97〜100大隊と合わせて、独立混成第19旅団を編成する。
独立歩兵第102〜105大隊は、四個大隊で独立歩兵第20旅団を編成する。

独立混成旅団

部隊名 符丁 編成日 編成地 所属部隊 補充担当 上級部隊
独立混成第19旅団 1940年11月30日 広東省汕頭 独歩第97〜101大隊 久留米  
独立混成第20旅団 1940年11月30日 上海 独歩第102〜105大隊 善通寺  


「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C12121077200、支那事変動員部隊調査表 1/8部中 昭和12〜16年(防衛省防衛研究所)」