日本軍歩兵第38師団

略歴

1939年(昭和14年)6月30日:創設。治安師団。
所属歩兵連隊は歩兵第228連隊、歩兵第229連隊、歩兵第230連隊の3個。
1939年(昭和14年)10月:華南の第21軍所属。広東警備。
1940年(昭和15年):第21軍廃止。南支那方面軍編入。
1941年(昭和16年):南支那方面軍廃止。第23軍編入。
1941年(昭和16年):香港攻略。
1942年(昭和17年):第16軍所属。蘭印・ジャワ攻略に参加。
1942年(昭和17年):ガダルカナル島攻防戦に参加。
1943年(昭和18年):ガダルカナル島から撤退。第8方面軍所属。
1945年(昭和20年):敗戦により解体。最終位置:ラバウル

編成

1939年6月時点

第38師団(歩228、歩229、歩230)

師団長

藤井洋治 中将 1939年10月2日 -
佐野忠義 中将 1941年6月20日 -
影佐禎昭 中将 1943年6月10日 -



歩兵第228連隊(名古屋):山口達春中佐
歩兵第229連隊(岐阜):平田源次郎大佐
混成第3連隊:遠藤健治大佐
山砲兵第38連隊:神吉武吉大佐
工兵第38連隊:西村金三郎少将
輜重兵第38連隊:幸田録郎中佐
第38師団通信隊:集田貞雄少佐
第38師団兵勤隊:佐藤光蔵少佐
第38師団衛生隊:仙田藤助少佐
第38師団第1野戦病院:大畠良秀軍医中佐
第38師団第2野戦病院:坂野長夫軍医少佐
第38師団病馬廠:土屋義弥獣医少佐