読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1935年から1936年における主な満蒙ソ国境紛争

1935年 1936年
日時 事件名 場所  概要
1935年 1月 8日〜 1月28日 ハルハ廟事件      ボイル湖北方    日本軍と外蒙古軍の衝突       
1935年 6月 3日 楊木林子事件      東部国境      日本軍斥候とソ連国境警備兵の衝突  
1935年 6月23日 ホルステン河事件    ハルハ河支流    外蒙古軍が日本軍測量隊を逮捕    
1935年10月 6日 スイフンカ北方衝突事件 スイフンカ     満州国国境警備隊ソ連軍の衝突   
1936年 1月29日〜 1月30日 金廠溝事件       密山県(東部国境) 満州国国境警備隊の反乱・ソ連への逃亡
1936年 2月12日 オラホドカ事件     ボイル湖西南方   日本軍と外蒙古軍の衝突       
1936年 3月25日 長嶺子事件       琿春東南方     日本軍斥候とソ連国境警備兵の衝突  
1936年 3月29日〜 4月 1日 ウラン事件      オラホドカ西南方  日本軍と外蒙古軍の衝突       
1936年 8月26日 烏蛇溝事件       東寧近傍      日本軍とソ連軍の衝突        
1936年11月24日 観月台事件       スイフンカ     日本軍とソ連軍の衝突        
1936年11月26日 張殿英事件       密山県(東部国境) 日本軍とソ連軍の衝突        

*1

*1:関東軍と極東ソ連軍」P89,P91,P102-103