従軍慰安婦

「心理作戦班日本人捕虜尋問報告四九号」にある慰安婦らの連行時点での年齢

「心理作戦班日本人捕虜尋問報告四九号」には捕虜となった慰安婦に関する以下の情報がある。 付録A 以下はこの報告に用いられた情報を得るために尋問を受けた二○人の朝鮮人「慰安婦」と日本人民間人二人の名前である。朝鮮人名は音読みで表記している。 名 …

慰安婦問題関連のブログ

ソウルと釜山の日本大使館、領事館前にある少女(従軍慰安婦)像を見学してきた ( Bill McCreary、2017年01月06日 00:00) 少女像を見てきた人の記録。釜山領事館前の少女像が正門前でも近くでもなかったのは意外。 少女像設置の件における日本側「戦犯」 …

グレンデール市従軍慰安婦像関連の報道

Statue Brings Friction Over WWII Comfort Women To California by Aaron Schrank 2013/7/29 17:08 For decades, Koreans have been pushing to preserve the legacy of women forced to provide sex to Japanese army soldiers during World War II. Glend…

カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像除幕式に関する報道

Glendale unveils 'comfort women' statue, honors 'innocent victims' By Brittany Levine and Jason Wells July 30, 2013, 2:11 p.m.Glendale city officials on Tuesday were resolute in their decision to install a 1,100-pound metal statue at Centr…

証言・李玉善

イ・オクソン(李玉善)・ハルモニの証言(戦後60年・ポスト北京の10年) 女性学評論 [巻号一覧] 女性学評論 20, 69-78, 2006-03-31 神戸女学院大学 イ・オクソン(李玉善)・ハルモニの証言 私は韓国のナヌムの家から参りましたイ・オクソンと申します。年は80…

証言・宋神道

1994年3月、女性の人権アジア法廷。 「女性の人権アジア法廷」、「女性の人権」委員会編、明石書店、1994 宋神道さん。七十一歳で、現在日本にお住まいになっています。「慰安婦」制度の犠牲者のおひとりです。 証言 日本軍国主義の犠牲者 宋神道(在日韓国…

証言・金福童

1994年3月、女性の人権アジア法廷。 「女性の人権アジア法廷」、「女性の人権」委員会編、明石書店、1994 金さんは六十九歳で、釜山という韓国の最南部に住んでいらっしゃいます。 証言 国を奪われ、人生を奪われて 金福童(韓国・日本軍「慰安婦」制度被害…

韓国サイト Q&A No.15

Q.What does Japan s history class teach about comfort women? A.Japan’ history textbooks are selected and authorized by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology out of textbook plans submitted by publishers. Schools ch…

韓国サイト Q&A No.14

Q.What does the letter of apology for comfort women from the Japanese Prime minister say? A.The Japanese government acknowledged the Japanese army was directly or indirectly involved in recruiting comfort women in Kono Statement. In 1995, …

韓国サイト Q&A No.13

Q.How has Japan’ Diet handled the issue of comfort women? A.In April, 1998, the Shimonoseki district court in Japan ruled, in a trial filed by three former comfort women, that the Japanese government was liable to compensate the victims be…

韓国サイト Q&A No.12

Q.How was the International Society’ Response to the comfort women Issue? A.International organizations recognized the gravity of the issue and recommended the Japanese government to take active measures to resolve the problem. In 1994, th…

韓国サイト Q&A No.11

Q.What is the 1993 Kono Statement? A.In response to the request to investigate the comfort women issue by a politician from an opposition party in the Budget committee of the House of Councilors in July 1990, the Director of the labor Depa…

韓国サイト Q&A No.10

Q.What is Wednesday Demonstration? A.Since Haksun Kim, first testified to her past as a comfort woman, many victims have reported their sufferings. The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan held the firs…

韓国サイト Q&A No.9

Q.How did the issue of comfort women become known to the world? A.deported as an illegal alien. When her nationality was verified, she said that she was taken from Korea as “comfort woman.”In 1975, she received an official permission to st…

韓国サイト Q&A No.8

Q.What is the after-war damage to comfort women ? A.The research team led by SungKil Min, M.D., Ph.D. at Yonsei University presented a thesis titled, ‘sychiatric Sequela of Japanese Military Sexual Slavery in Wartime in Former comfort Wome…

韓国サイト Q&A No.7

Q.What happened to military sex slaves after the war ended? A.The World War II ended as the then Japanese emperor Hirohito announced on August 15,1945 that Japan would accept the Potsdam Declaration without any condition. The military sex …

韓国サイト Q&A No.6

Q.What is the total number of forcibly recruited comfort women? A.Comfort women could be found in every Japanese military camp. However, it is impossible to confirm the exact number of them because the Japanese military destroyed related d…

韓国サイト Q&A No.5

Q.How were the lives of military sex slaves in comfort stations? A.Girls and women were deceptively recruited, often with the involvement by the police and governmental officials, sometimes tricked or kidnapped and deployed to “comfort sta…

韓国サイト Q&A No.4

Q.Is there any evidence that can prove there was coercion of recruitment for comfort women? A.As mentioned in the previous testimony, “comfort women”were forcefully recruited by Japanese troops and officials. Kinbara, a medical officer of …

韓国サイト Q&A No.3

Q.How were the comfort women taken into sex slavery for the military? A.Girls and women were deceptively recruited, often with the involvement by the police and governmental officials, sometimes tricked or kidnapped and deployed to “comfor…

韓国サイト Q&A No.2

Q.What are comfort stations(military brothels) for? A.During the Japanese aggression over China, the soldiers frequently raped local women and provoked strong back lash from local people. Furthermore, the Japanese military suffered loss of…

韓国サイト Q&A No.1

Q.What is comfort women for the Japanese military? A.The term “comfort women”is a euphemism for the young women who were forcefully recruited from old colonies (i.e. Korea and Taiwan) and occupied countries (i.e. China, the Philippines, an…

鄭陳桃の証言

四 原告 鄭陳桃 1 連行まで 原告鄭は、一九二二年一一月一四日台北市で生れる。母親は原告鄭が三歳のときに亡くなり、父親が再婚したが同人も原告鄭が七歳のときに死亡した。以後継母と叔父に育てられる。中学(高等課)にすすんだが、戦争の為これを中退し…

黄阿桃の証言

三 原告 黄阿桃 1 連行まで 原告黄は、一九二三年二月六日台湾省桃園県の観音郷で生まれる。家は貧しく生後すぐに他家に養子にだされるが、七歳か八歳のころ両親が再び引き取り、家で炊事・洗濯や弟妹の面倒をみて暮らす。学校にはいけず、読み書きは出来な…

盧滿妹の証言

二 原告 盧滿妹 1 それまでの生活 原告廬は一九二六年(大正一五年)九月二九日に新竹県湖口郷の出身父盧慶彬、母盧羅六妹の間に出生し三歳の時に父のいとこの家に養女として売られ養父盧金火、養母盧荘茶妹に育てられた。実親養親とも他家の茶摘みをしなが…

高寶珠の証言

一 原告 高寶珠 1 招集される前の生活 一九二一年九月一七日に台湾省台北県淡水鎮で生まれ三歳の時に父が、一五歳の時に母が亡くなっている。そのため、原告高は幼い頃から母の洗濯や裁縫の仕事を手伝っていたので学校にはいっていない。一五歳のころから江…

金田君子の証言

父のこと 私が14歳の時父が神社参拝をしないからと警察に連行された。私は弟たちの世話とか、家の手伝い掃除をしなければならないので、学校に行きたいという考えも余裕もなかった。 14歳の時父が日本の高等警察に連れていかれた。父は日本語が上手だったの…

石兵団会報 第54号・1944年9月14日

第62師団 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11110065200、第62師団会報綴 (独立連射砲第22大隊受領)(防衛省防衛研究所)」 第五四号 石兵団会報 九月十四日一八〇〇 仲間 一、現職検事ノモノノ有無ヲ調査ノ上十六日正午迄ニ報告ノコト 二、外出ニ関…

軍慰安所従事者ニ対スル身分証明書発給ノ件・1940年6月1日

昭和15 一五三四二 略 台北 六月一日後発 本省 一日夜着 有田外務大臣 千葉台湾外事部長第一〇九号開館シ居ラサル領事館管轄区域タル前線ニ赴キ軍慰安所ニ従事スル者ニ対シテハ渡支事由証明書ノ取付ハ事実上不可能ナルヲ以テ陸海軍側ノ証明書ニ依身分証明書…

「日本人捕虜尋問報告 第四九号」ビルマ、1944年10月1日

アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域軍所属 アメリカ戦時情報局心理作戦班 APO六八九 秘 日本人捕虜尋問報告 第四九号尋問場所 レド捕虜収容所 尋問期間 一九四四年八月二○日〜九月一○日 報告年月日 一九四四年一○月一日 報告者 T/3 アレックス・ヨリチ捕…

関連記事

2002年6月26日(水)「しんぶん赤旗」 元「慰安婦」へ補償を 参院議長らに法案成立要請 - 韓国、台湾の元「従軍慰安婦」らは二十五日、国会内で参院の倉田寛之議長、本岡昭次副議長と会い、「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」の早期審議と…

南方占領地への慰安婦輸送

1941年12月の対米開戦以降、日本軍は一気に南方に占領地を拡大していった。 1942年1月にはフィリピンのマニラを占領し、マレー半島ではシンガポールを望む対岸にまで迫っていた。その1942年1月10日には既に日本軍は南方占領地に慰安所を解説するため、台湾や…